4月26日(日)India Day GUEST:サラーム海上/平川麦×吉田元×SARO

この日は神秘と混沌の国、インドをフィーチャー。
ラジオのゲストには昨年に引き続きインド音楽、文化に精通する、よろずエキゾ風物ライターのサラーム海上さんをお招きして、インドの映画音楽やカルチャーを紹介していただきます。
そして夕暮れとともにインド音楽の生演奏。
逗子のビーチがスパイスの香りとともにインドの風情に染まります。

【TIME TABLE】

11:00~ open
15:00~ radio caravan on air         
17:15~ インド音楽生演奏とタップダンス         
18:30~ slide show         
19:00〜 「バルフィ!人生に唄えば」151分

バルフィ人生
写真©UTV Software Communications Ltd 2012

 

「バルフィ!人生に唄えば」
原題:Barfee
2012/インド/151分
監督:アヌラーグ・バス

聴覚に障害をもつ純粋な青年バルフィと、彼との出会いを通じて人生を大きく変化させていく2人の女性の姿を描いたドラマ。

生まれつき耳が聞こえず、話すこともできないが、まなざしや身振り手振りで豊かな感情を表現するバルフィは、町の人気者。資産家の男性と結婚しているシュルティは、どこか愛情に欠ける夫との関係に悩むなか、バルフィと出会い、恋に落ちるが、安定した将来も捨てきれず、夫とバルフィの間で揺れ動く。
一方、バルフィの幼なじみのジルミルは、人づきあいが苦手で心を閉ざして生きてきたが、偶然バルフィと再会。その優しさに心を開いていく。「雨に唄えば」をはじめ、数々の名作映画にオマージュをささげたシーンも満載で、2012年アカデミー外国語映画賞のインド代表作品にも選出。13年・第5回沖縄国際映画祭コンペティション「Peace部門」で上映され、審査員特別賞に相当するゴールデンシーサー賞を受賞した。

 

GUEST:

11137431_10152677904117301_1921158592_o
サラーム海上(よろずエキゾ風物ライター)

1967年2月12日生、群馬県高崎市出身。明治大学政経学部卒業。
伝統音楽とエレクトロニック音楽の出会いをキーワードに、 中近東やインドを定期的に旅し、現地の音楽シーンをフィールドワークし続けている。
その他、活動領域はラジオやクラブのDJ、中東料理研究、海外ツアー企画など、多岐にわたる。
著書に『21世紀中東音楽ジャーナル』(アルテスパブリッシング)、『エキゾ音楽超特急 完全版』(文化放送メディアブリッジ)、『PLANET INDIA インド・エキゾ音楽紀行』(河出書房新社)、共著に『アラブ・ミュージック その深遠なる魅力に迫る』(東京堂出版)、そして最新刊は日本初の汎中東料理エッセイ集『おいしい中東 オリエントグルメ旅』(双葉文庫)。
コンピレーションCDに『Yallah! Yallah!』(EMIミュージック・ジャパン)、『Club Bollywood』(Sony Music Direct)ほか。
字幕監修を担当した映画に『クロッシング・ザ・ブリッジ~サウンド・オブ・イスタンブール』(ファティ・アキン監督、Victor Entertainment)がある。
朝日カルチャーセンター新宿にて、通年講座「ワールド音楽」を開催中。
NHK FM「音楽遊覧飛行 エイジアンクルーズ」のナビゲーターを務める。

公式サイト
平川麦×吉田元×SARO(インド音楽生演奏とタップダンス)

11106296_10152677902697301_1258595041_n
平川麦(Baku Hirakawa)
奏でられる美しい音の渦 北インド古典弦楽器”サロード”奏者

11101905_10152677902757301_1232742201_n
吉田元 (Hajime Yoshida)
唄える不思議太鼓 北インド古典打楽器”タブラ”奏者

11118185_10152677902887301_1886185627_n
SARO (Sadahiro Yokoyama)
若手タップ界の重要人物の一人 世界中を飛び回り 音とリズムの間を旅する Trip Tap Dancer