5月2日(土)France Day GUEST: LUC ROLLAND

この日はフランスをフィーチャー。フランスよりデザイナーのルーク・ロランド氏に来日していただきます。 ラジオには湘南在住でフランス音楽に詳しいあるお方をお招きしてお送りします。 美味しいワインや料理とともに、浜辺で優雅な時間をお過ごしください。

サブ会場のCINEMA AMIGOではジャック・タチ監督特集を開催!!
http://cinema-amigo.com/movie/000433.html

【TIME TABLE】
11:00~ open
16:00~ radio caravan on air
19:15~ slideshow & talk ルーク・ロランド氏の世界
19:30~ 「プレイタイム」124分

プレイタイム
(C)Les Films de Mon Oncle – Specta Films C.E.P.E.C.

「プレイタイム」
原題:Playtime
1967/フランス/124分
監督:ジャック・タチ

「ぼくの伯父さん」のジャック・タチが膨大な時間と製作費をかけて挑んだ野心作で、全編を高画質の70ミリフィルムで撮りあげたフランス映画史上屈指の大作コメディ。

半年以上もの時間を費やしてパリ東部に建設した巨大セット「タチ・ビル」の近未来的な都市を舞台に、就職の面接を受けるためにやって来たユロ氏とアメリカ人観光客バーバラのすれ違いや出会いをユーモラスに描く。公開当時、一部の批評家や映画ファンからは熱烈な支持を得たものの興行的には大失敗し、タチを破産に追い込んだ。タチの没後20年となる2002年にはカンヌ国際映画祭で「新世紀修復版」が上映され、再評価が進んでいる。14年、タチの監督作や出演作をデジタル復元版で上映する「ジャック・タチ映画祭」でリバイバル。


GUEST:
LUC ROLLAND  (元クレージュ プロダクトデザイナー)

 Luc Rolland .jpg

Luc Rolland エキスポ&紹介ビデオ&トーク:

 

1955年、 パリ郊外の生まれ2歳の時(1957) バスク人であったお婆さんのBIARRITZに引っ越し、それ以来バスクデの生活をするアーティスト。

 

彫刻を勉強し、その道へ。彼のの手仕事への追求そしてvisionは彼をファッションデザイナーである、クレージュのプロダクトデザイナーへと導いた。

 

彫刻、プロダクトデザイン、サーフボードへと、流れるラインへの追求。

 

2015年5月3日、逗子祭にて、日本初来日&初展示。