4月30日(土) Japan×Marine Day 「うみやまあひだ」 Guest/マレウレウ/タイニーパンクス他

この日は日本と海をフィーチャーした1日

Oki+マレウレウによる北海道のアイヌ文化を紹介を始め、CINEMA CARAVANと縁のある白川郷、屋久島、佐渡、徳島などの文化も紹介

CARAVAN RADIOにはタイニーパンクス(高木完/藤原ヒロシ)が出演、ルートカルチャー企画のコドモラップなども開催!!

映画は伊勢神宮の式年遷宮を元に日本人のもつ自然観を描いた「うみやまあひだ 伊勢神宮の森から響くメッセージ」を上映

 

縺・∩繧・∪縺ゅ・縺溘y

(C)2014 Masaaki Miyazawa/Jingu all right reserved. (C)2014 Sustain able Investor

監督:宮澤正明

2014年/日本/79分

上映言語:日本語/Japanese

字幕:英語/English subtitles

>>予告

10年にわたって伊勢神宮を撮り続けてきた写真家・宮澤正明が、太古の昔から森や海と共生を続けてきた日本人の心に迫ったドキュメンタリー。

神宮の神域林、木曽の大檜林、白神山地といった日本各地の深山幽谷へ足を踏み入れ、宮大工棟梁や漁師、科学者など各分野の専門家にインタビューを敢行。さらに建築家の隈研吾やタレント・映画監督の北野武に宇宙観を聞くなど、様々なアプローチで人と自然の共生について考察し、現代日本人が失いつつあるアイデンティティーを再発見していく。

http://umiyamaaida.jp/

 

GUEST:

 

マレウレウ

MAREWREW(マレウレウ)

アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループ。さまざまなリズムパターンで構成される、天然トランスな感覚が特徴の輪唱など、アイヌROOTSのウポポを忠実に再現する貴重なアーティスト。

2010年、初のミニアルバム「MAREWREW」を発表後、活動を本格化。2011年に自主公演企画「マレウレウ祭り~目指せ100万人のウポポ大合唱!~」をスタートさせ、これまでUA、サカキ・マンゴー、SPECIAL OTHERS、キセル、オオルタイチ+ウタモ、木津茂理、細野晴臣を迎えた公演が話題となる。

また、SPECIAL OTHERSのコラボアルバム「SPECIAL OTHERS」に、アイヌの伝統歌「イヨマンテ・ウポポ」で参加。ほかにもNHK(Eテレ)の人気子供番組「にほんごであそぼ」への出演、ワールドミュージックの世界的な祭典Womad(UK)への出演をはじめとするヨーロッパ公演など、国内のみならず海外でもその活動が注目されている。

2012年8月には、待望のフルアルバム「もっといて、ひっそりね。」(プロデュース:OKI)をリリース。現代的なアレンジを織り込みつつも伝統的なウポポの魅力を凝縮した作品は、各方面で高い評価を受けた。

マレウレウはアイヌ語で「蝶」のこと。

[メンバー:Rekpo、Hisae、Rim Rim、Mayunkiki]

※出演予定でしたOKIさんは急病のため、申し訳ございませんが出演できなくまりました。

 

 

タイニーパンクス

タイニーパンクス

1985年、当時すでにクラブDJとして活動していた藤原ヒロシと、ロックバンド東京ブラボーで活動していた高木完により結成される。
同年いとうせいこうと共同名義のアルバム『建設的』でデビュー。
近田春夫のBPMレーベルより、12インチシングル『I Luv Got The Groove』を発表。
このころの表記は「TINNIE PUNX」である。グループ名の由来は藤原のロンドンに滞在していたときのニックネームから。その後表記を「TINY PANX」と改める。
1988年、中西俊夫、K.U.D.O.とクラブミュージック専門のレーベルMAJOR FORCEを設立、シングル『LAST ORGY』を発表。
また、T.P.O.(Tiny Panx Organization)名義でインスト作品を発表。
音楽活動と並行し、宝島などでコラムを連載、ヒップホップ、レアグルーヴをはじめとする最新の音楽やクラブ系ファッションの情報を扱った。