5/2 Portugal Day

ポルトガルデー
ソパトパン
ポルトガルのソパとパン
温かいもの、ほっとするもの、安心するもの。
かわりばえなく、毎日ずっとそこにあるもの。
“ソパ(Sopa)”と呼ばれるスープと、
主食として日々食べられる“パン”は
決して豪華なものではないけれど、

ポルトガルの暮らしの中で、絶対に欠かせないもの。素朴だけど、食べるとじんわりおいしい。ポルトガルの夏の風物詩、イワシの塩焼き、キンキンに冷えた微発泡白ワイン、ヴィーニョ・ヴェルデとともに、“ソパとパン”をどうぞ。

Sopa担当/岡田カーヤ(フリーランスライター、ミュージシャン)
Pan担当/中林麻衣子(自家製酵母のパンと焼菓子horta)