「環境への取組みに」ついてはコチラから

About

逗子海岸映画祭も今年でとうとう10周年を迎えました。

本映画祭のテーマは、”Play with the Earth/地球と遊ぶ”。
この10年の間で、私たちの身近な生活様式から自然環境、社会情勢など、実に様々なものが変化しました。
この中で、情報に流されず、自分自身で思考し、アウトプットする知性豊かな人間力を育む。
自然と対話し、地球の上で楽しんで生きるための姿勢や知恵を学び合う場を作りたい。
これが毎年、変わらずに同じ場所でスクリーンを立て続ける、私たちの指針です。
イベントの期間中だけ、逗子の浜辺に蜃気楼のように現れるスクリーンやテント。異国からの旅人から地元に根を張った人まで色々な文化が入り混じる様子は、まるで小さな村が生まれたかのような時間です。
始めて食べる食?新たな出会い?何が起きるかは訪れた人次第。
夕日が沈む頃に始まる映画体験はきっと、人生を彩る思い出の一つになるでしょう。

この映画祭を作り上げて来たのは、写真家、音楽家、大工画など様々なジャンルにまたがるクリエーターで構成される「CINEMA CARAVAN 」。
日本や世界を旅し、その地方の文化あぶりだし吸収し、人々と縁を繋ぎ、そしてまた次の土地に運ぶプロジェクトです。
一年に1度、私たちのホームグラウンドである逗子で、繋いだ縁と多彩な文化を集約し、旅の成果を共有し、自然の中で五感を使って体験する場所として、逗子海岸映画祭は開催されます。

この場を様々な人と共有できることを願って

CINEMA CARAVAN代表 志津野雷